並ばせ屋-OFFICIAL WEB SITE-

毎日行こうと思わなければ「ホンモノ」じゃない!-並ばせ屋山本-

並ばせ屋の活動とは?

並ばせ屋の活動とは?

いつもありがとうございます!

並ばせ屋です。

 

遊技環境改善・遊技人口回復の取り組み、お客様のお陰で活動量が増えてきましたね。

1期目のコンサルティングのお取引は10社、定期的にお話をさせていただく店舗は30店舗にも上ります。それとは別に、皆さまご存知の通り日々忙しくさせて頂いており、本当にありがたいことだと思います。

 

実際には何をやっているの??

今回はこの核心に迫る話題を、言える範囲でお伝えしようと思います。

様々な配慮により、直接的な表現が少ないことはご了承下さい。

 

私の活動を一言で言えば、頑張っているホールの応援です。

ホールの頑張っている姿を多くの人に知ってもらう。

自分で1台1台のデータを見るのはとても大変ですし、全体をまとめるなんてとてもじゃないですが時間が無いと思います。過去分も含めて、それが一つにまとまっていると状況が理解しやすいはずです。

 

「肝は事業の継続性」

どれだけその日が盛り上がったとしても、結果としてお店の売上と利益が増える、あるいは相応のメリットがお店側にないと、その取り組みは単発で終わってしまいます。

ユーザーにメリットのある事は本来ならばお店側のメリットになりますが、効果は遅れてやってくるのが世の常。しかもその期間が分からないとなると投資はしにくいですから、即効性をテーマにサポートさせていただいています。

「どの日を盛り上げればいいのか」のような競合店との戦い方から、入替経費を抑制する為の機種構成、普段からの設定の使い方、LINEやツイッターの使い方と費用、データ公開システムの各社のユーザビリティや費用の比較解説、新機種の評価等、営業の多岐に渡るアドバイスをしています。なんならアルバイトの採用のコツや、従業員の作業効率化まで教えます。

そこで1万円でも固定経費が少なくなれば、それだけお客様に還元できることになりますからね。

 

「日常を大切にせよ」

最近私を知った人は意外に思われるかもしれませんが、私のポリシーは普段のお客様を大切にする事です。具体的には特定の日を「祭」にし過ぎないという事ですね。

もちろん余裕がある店舗様は私もびっくりするようなことをやってくれていますし、みんな頑張っちゃうんですが。

しかしそれはあくまで私の趣旨からは例外であって、上記の事業の継続性を大事にするならば新規のお客様に認めてもらいながら、日頃お店を支えて下さっているお客様を蔑ろにする訳にはいかないよねという事です。

『自分たちは特別だから』と、常時どんなお店に対しても100万200万円の赤字を要求する業者も中にはあります。

それはその用途に合わせて使えばいいので否定はしませんが、私としては多少の赤字は覚悟の上ですが、できればギリギリの中で、どうすれば盛り上がりを感じてもらえるのかを追求しようと考えています。その為に、そのお店の中にある機種1つ1つ、1台1台に対してのご提案を欠かさずにさせて頂いています。

そのお店ごとの機種配置、稼働状況、客層も違う中で、最適解を導くのは本当に時間の掛かる仕事ですが、これ抜きでは成り立たないものだと感じています。

もちろん不正防止の面もありますから、提案の結果どうするかはお店様次第。

とは言え、あまりにかけ離れたことをするくらいなら、そもそも私の話を聞く必要はないですし、これだけの準備と配慮をしながらも、サポート条件厳しいよね…と辞退するホールも出てきてしまいます。でもそれはこれだけ密に打ち合わせるからこそ聞き出せる本音であり、強行して被害に合う人が増えるくらいなら取りやめる のも私のスタンスです。

 

「ライバル店はサポートしない」

事業の継続性がこの取り組みの肝としている以上、ライバル店の依頼はキッパリ断ります。それはいま頑張ってくれているホールの独り立ちや、もっと派手なことをできるようになる為の育成を阻害することに繋がります。相乗効果を期待して、むしろ歓迎されることもありますから、その場合にはお請けすることもありますが、依頼があるだけ請けるというのは私の哲学に反することです。

 

「広告代理店は使わない」

かなり手広く活動していると思われるでしょうが、私自身は売り込みを一切していませんし、問い合わせ先を公開したのも今のオフィシャルサイトになってからなので3か月弱。

目の前のお店とユーザーの為になることに集中してきただけなんですね。

何度も何社も広告代理店の方より広めさせてくれと打診がありましたが、そこは彼らも営利企業。私の想いと自社の利益を天秤にかけた時、私を選んでくれるとは思えませんよね。

それに広めることが私の目的ではないですから、代理店は使わないと断っています。

では今の店舗はというと、私が信頼する知り合いの店長、友人のコンサルティング先、セミナー受講者の中で意気投合した店長のお店…私の直接の知り合いが信用できるというところのみで、もう「縁」だけでやってきました。

これからもこのスタイルは変えるつもりはなく、私の理想を共感してくれる人が、ここなら信じられると言ったところにしか会いに行きません。私の空いた時間はホールとユーザーの事だけを考えていれば良く、最先端に身を置くために必要な時間であると考えています。

 

以上、何となく掴めてきたでしょうか??

もっと敷居の低い遊びに…これからもパチンコ、スロットの楽しみを広めていきます。

今後とも応援よろしくお願いします。

 

 

毎月1日には定期更新!

たまに不定期でこうした雑記を配信していきます。

お楽しみに!

Return Top