並ばせ屋-OFFICIAL WEB SITE-

毎日行こうと思わなければ「ホンモノ」じゃない!-並ばせ屋山本-

雑記【並ばせ屋伝説】第4話裏話

雑記【並ばせ屋伝説】第4話裏話

いつもありがとうございます!

並ばせ屋です。

 

今回は漫画第4話の裏話です。

 

スロッターなら1度は耳にした事があるでしょう「オールナイト」のお話です。

毎年12月31日。三重県のホールで行われるもので、31日の朝9時~翌1月1日の24時まで、最大38時間行われるぶっ通し営業。

年越しもパチンコホールで過ごすという「どうかしてるぜ日本」とも思われる恒例行事。

 

ピーク稼働は夜2時くらいだそうで、名古屋から近い桑名市のホールは普段は閑古鳥が鳴くようなお店でも超が付くほどの高稼働。

皆さん、お正月でも好きなことをして過ごしたいんですね(笑)

 

ところでATやART中に閉店を迎え取り切れなかった経験はないでしょうか?

通常は約13時間ですがオールナイト営業であれば38時間。

朝からATに突っ込み、特化ゾーンで爆乗せし、延々と終わらない…

そんな夢を見て朝から並ぶ人も非常に多い1日となります。

実際に舞台となったお店では50,000枚出たこともあるそうですね、スゴスロでw

個人的には、店舗運営時代に毎月のように20,000枚を食らった「北斗転生」や、倍々でリミットのない「化物語」を朝からブン回したいですね。

旧基準が38時間打てるチャンスは今回と来年の2回限りですから、ぜひお楽しみいただければと思います。

 

さてホール運営側としては、営業時間が長い&稀にみる高稼働ということで、利益アップの大チャンス!

一方で先ほどの50,000枚など、1度ノリ出すと止まらないというリスクも背負います。

さらに言うと高稼働の内訳が県外ユーザーが多いということで、どうしても「堅く堅く」組みますし、ユーザーにとっては「つらい」営業内容になっているんですね。

私なんかはそれ上等で、祭の繁盛感とあわよくばの誤爆狙いで楽しめちゃうタイプですが、そうは言っても「堅すぎないか??」ということと、「せめていくらかは可能性がないと面白くないよ」という想いから、業界の常識に新たな一石を投じさせて頂きました。

 

低設定ほど動かず、高設定ほど回される。

これ運営者側も見落としがちな事実なんですが、オールナイトの高低のギャップたるや、通常営業の比ではありません。

それ故に”本数”の上では通常営業には及びませんが、どこもやらない中、私とその志を共感するホールが、「最低限の夢」を与えようとする努力をご評価いただければ幸いです。

 

新年のカウントダウンの瞬間はエアポート桑名店で過ごしますので、ぜひお越しください。

 

今年も一年ありがとうございました。

皆さまがスロットの事を考えていられる、身体的、精神的な余裕を持って年を越せるように祈っています。

 

 

たまに不定期でこうした雑記を配信していきます。

お付き合いいただければ幸いです。

Return Top